現在ご覧のウェブサイトは日本版です。
お住まいの地域に関連する情報にアクセスするには、バージョンをお勧めします:

25年におよぶクロノグラフの歴史

画期的なクロノグラフを記念

1999年以来、クロノグラフは、A.ランゲ&ゾーネのフラッグシップモデルです。この伝統の先駆けとなったのは、数々の賞を受賞したダトグラフ。唯一無二の組み合わせによって、技術の卓越性や複雑な職人技、特徴的なダイヤルデザインを融合したモデルは、今日まで短時間計測におけるベンチマークとなり、A.ランゲ&ゾーネの革新を起こす力を象徴しています。この驚異的なタイムピースの歴史を回顧。

21世紀を目前にして、A.ランゲ&ゾーネがバーゼルフェアで発表したダトグラフは、時計製造に新たな刺激をもたらしました。

先見の明を持つ企業家であり戦略家であったギュンター・ブリュームラインの支援を受けて開発されたこの傑作は、A.ランゲ&ゾーネが1990年にブランドの再興を果たしてから初めてのクロノグラフとなりました。

フライバック機能、昔ながらのコラムホイール制御方式、プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンター、ランゲを代表するアウトサイズデイトなどを備えたダトグラフでは、洗練された機能性が見られ、「世界最高水準の時計を作る」というウォルター・ランゲの基本原理を見事に表しています。

405個の部品で構成された手巻きキャリバーL951.1は、二度組み方式で組み立てられた後、ランゲ独自の仕上げが施され、ダトグラフを駆動します。複雑な技術、複雑な構造、優れた仕上げにより、技術と美しさを伝える模範的なクロノグラフです。

ブランドの再興以来、A.ランゲ&ゾーネは独自のベンチマークを設定し、自社で開発と製造を行うムーブメントは、現在では70個以上におよびます。1999年に発表されてから、ダトグラフは特にこの志を明快に表現していました。

A.ランゲ&ゾーネの技術者たちは、時計に比類なきダイヤルを備えることに成功しました。ランゲを代表するアウトサイズデイトと、やや下方に移動した2つのライトカラーのサブダイヤルが正三角形を形成し、ブラックダイヤルと鮮やかなコントラストを成しています。特徴的な外観は、ギュンター・ブリュームラインのビジョンと呼応します。「明晰で伝統的な外観から究極の現代性を表現する時計を生み出すことが、当初から、私たちにとって重要なことでした。」

商品開発ディレクター、アントニー・デ・ハスは、さらに詳しく述べています。「機能性とデザインを融合し、細部のディテールにおよぶまで完璧に調和しているダトグラフは、登場から25年が過ぎた今でも、完璧なクロノグラフの例としての立場を堅固に保っています。ダイヤル、特に精密な部品が調和して動作する様子やその美しい機能がサファイアクリスタルのケースバックから見ると、ダトグラフが多くの時計愛好家だけでなく、時計師にとっても夢のようなモデルである理由が即座に分かります。

高級時計製造のクロノグラフの多様なポートフォリオ

幅広い評価を得たダトグラフの発表以来、A.ランゲ&ゾーネはクロノグラフ構造の分野での専門知識を継続的に拡大し、クロノグラフ機能を備えた先駆的な時計を現在までに合計13モデル開発しています。

2004年に発表されたダブルスプリットにより、A.ランゲ&ゾーネは、精密時計製造の歴史において初めてダブルラトラパント機能を搭載したクロノグラフを制作しました。そのため、時計にはクロノグラフ秒針、ラトラパント秒針、2つの分積算計が配され、このようにしてラップタイム計測の長さが、60秒から30分へ拡大されました。

2018年に登場したトリプルスプリットは、洗練されたラトラパント機能開発の現時点での頂点を表しています。三つめの時針を追加したことにより、ラップタイムを計測できる時間範囲が12時間に拡大しました。この二つのタイムピースは、現在でも、精密時計製造の世界でユニークな存在であり続けています。

2023年に発表されたオデュッセウス・クロノグラフは、A.ランゲ&ゾーネが異なる革新的なコンセプトを考案したことによって生まれました。A.ランゲ&ゾーネ初の自動巻きクロノグラフムーブメントが搭載されています。クロノグラフ針をゼロにリセットする革新的でダイナミックな機能は、A.ランゲ&ゾーネが高級時計製造の中で独自の道を進んでいることを示すもう一つの例です。

過去25年間に登場したダトグラフモデルもまた、この志の証明です。時計製作における傑作の一つは、フライバック・クロノグラフとパーペチュアルカレンダーを融合し、2006年に発表されたダトグラフ・パーペチュアルです。2012年、A.ランゲ&ゾーネは技術的性能レベルを新たな段階へ押し上げました。ダトグラフ・アップ/ダウンでは、パワーリザーブを60時間まで延長し、6時位置のパワーリザーブ表示と自社開発の調速機によって驚きを与えました。

ダトグラフファミリーの新モデル

ウォッチズ&ワンダーズ 2024にて、A.ランゲ&ゾーネはダトグラフファミリーの2つの新モデルを発表します。ダトグラフ・アップ/ダウンが登場してから12年が経過した今、三つめのモデルを発表します。ブラックダイヤルを備えたプラチナ製モデルおよびピンクゴールド製モデルに、ブルーダイヤルを備えたホワイトゴールド製ケースが加わり、外観も新たに125本の限定で登場します。特徴的な限定カラーのこのタイムピースは、印象的な外観で存在感を放ちます。

ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン・ハニーゴールド “ルーメン”もまた、その名を冠した三つの複雑機構、アウトサイズデイト、クロノグラフ、パーペチュアルカレンダーを暗闇で示します。半透明ダイヤルと夜光塗料により、表示と機能が暗闇で発光します。684個の部品で構成され、二度組みが行われる進化した自社製キャリバーL952.4は、18Kハニーゴールド(ハニーゴールド®)に収められた時計の中心で鼓動します。

詳しく見る

ウォッチズ&ワンダーズ 2024
ウォッチズ&ワンダーズ 2024
A.ランゲ&ゾーネ ウォッチズ&ワンダーズ 2024の新作、ダトグラフ・アップ⁄ダウン、および、ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン・ハニーゴールド “ルーメン”をご覧ください。
三角形の美学
三角形の美学
時計製作の世界では同心円状での配置を考えるのが一般的ですが、ランゲは三角形を基礎とするデザイン原理を用いて製品開発を行っています。
マニュファクチュールムーブメント:A.ランゲ&ゾーネの哲学の本質
マニュファクチュールムーブメント:A.ランゲ&ゾーネの哲学の本質
すべてのA.ランゲ&ゾーネの時計には、自社製ムーブメントが搭載されています。より高い精度を出すため、すべてのキャリバーは開発、製作、仕上げ装飾、そして組み立てまで一貫してドイツ・グラスヒュッテの工房で行われます。

お手伝いが必要ですか?

お探しのモデルに関するお問い合わせや、修理のご依頼等、喜んでお手伝いいたします。お問い合わせは、お電話、Eメール、またはブティックにて承ります。

スイス・チューリッヒのA.ランゲ&ゾーネ サロン