ツァイトヴェルク “ハンドヴェルクスクンスト”

ツァイトヴェルク

エンジニアリングと工芸の完成美

ビュランという工具は、平グレーバーによく似ていますが刃先は鋭くとがっています。この特別なビュランは、2012年に発表されたツァイトヴェルク “ハンドヴェルクスクンスト”のダイヤルにトランブラージュ模様を入れるために作られたものです。エングレーバーは、そのビュランをブラックロディウム仕上げのホワイトゴールドの上でさまざまな方向に走らせ、模様を刻んでいきます。この根気の必要な仕上げ装飾が、瞬転数字ディスクを用いたデジタル式時刻表示の技術の妙に華やぎを添えます。

キャリバー L043.4

この30本限定モデルの見どころは、ザクセン式アンクル脱進機と呼ばれる伝統技術に倣って製作された18Kゴールド製のアンクルとガンギ車です。この素材には耐磁性に優れるという長所があります。今日では当たり前のように使用されているこの非磁性合金ですが、19世紀にはまだ存在しませんでした。カバー式のつめ石は、ガンギ車との摩擦を抑えるために、軽く湾曲した形になっています。

ツァイトヴェルク ファミリー

ツァイトヴェルク ファミリー

機械式時計の新時代到来

ツァイトヴェルクの開発にあたって、ランゲの設計技師たちはこれまでの常識や先入観をいっさい捨てて、機械式という点以外のあらゆる項目を吟味し直しました。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。