ハニーゴールド

どのゴールド合金よりも硬くユニークな色調を持ち、A.ランゲ&ゾーネが専用使用権を有する素材 ― それがハニーゴールドです。ランゲでは2010年に、蜂蜜を連想させる甘い色合いで、プラチナの約2倍の硬度を有するこの合金を初めて採用しました。ハニーゴールドは特許を取得した合金で、特に傷つきにくいのが特徴です。その配合はマニュファクチュールの機密事項です。

傷つきにくいということは、ハニーゴールド製の時計を身に付ける人にとっては願ってもないメリットですが、時計の製作現場では難関が待ち受けています。素材が非常に硬いため、成形と仕上げ装飾が一層困難になるのです。ハニーゴールドは、A.ランゲ&ゾーネの最上特別モデルにのみ使用されます。

ハニーゴールド仕様のツァイトヴェルク・デシマルストライクのボタン