1815フラッハ・ハニーゴールド“F. A.ランゲへのオマージュ”

1815

偉業を語り継いでゆくために

線路をイメージしたレイルウェイモチーフの分目盛りなど伝統の要素をふんだんに取り入れた1815フラッハ・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”は、かつてフェルディナント・アドルフ・ランゲが名声を誇った懐中時計を彷彿とさせます。さらに、F.A. ランゲ作の時計が持っていた二つの特性をも備えています。それは、完璧さと明快さです。この製作数175本限定の二針時計では、高さわずか6.3ミリのハニーゴールド製ケースにホワイトエナメル仕上げのダイヤルを組み合わせ、特別モデルならではの仕上げ装飾を施したムーブメントを収めました。

キャリバー L093.1

167個の部品からなる自社製キャリバーL093.1は、フェルディナント・アドルフ・ランゲが実践した技法へのオマージュです。この時計の4分の3プレートにはグラスヒュッテストライプではなく、往年のランゲ製懐中時計に倣って粒状感を持たせた表面仕上げを施しています。丸穴車と角穴車は輪列受けに見えるように取り付けられ、円模様の装飾研磨で仕上げられています。エン1815フラッハ・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”では、手彫りで極めて繊細な花模様を描き、その極細の線を、地板に刻まれたブランドロゴと同じように、ブラックロディウム加工で仕上げています。その濃い色調は、ダイヤルのプリント文字のグレーと違和感なく調和しています。

もっと見る

幼少期、修業時代、事業の成功
幼少期、修業時代、事業の成功
フェルディナント・アドルフ・ランゲは、高級時計産業を興し、さらには時計界に革命を起こしました。
円熟の技に個性
円熟の技に個性
A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。
二度目の正直
二度目の正直
三針時計でも、高級時計でも、A.ランゲ&ゾーネではムーブメントをすべて、二度組方式で組み立てています。
1815 ファミリー

1815 ファミリー

フェルディナント・アドルフ・ランゲの伝統を受け継ぐ

高精度、完成度の高さ、勇気、謙虚さという特性を持つ1815 ファミリーの模範は、ランゲ時計工房の創設者です。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。