1815ラトラパント

1815

卓越した技術で実現したショートタイム計測

1815ラトラパントは、A.ランゲ&ゾーネ初の純粋なラトラパント・クロノグラフです。クラシックなデザインに高雅な雰囲気が漂うこの時計は、30分以内のタイム計測だけでなく、60秒以内の中間タイム計測とタイム比較ができます。手巻きキャリバーL101.2は技術的に複雑な構造にもかかわらず、高さ12.6ミリ、直径41.2ミリのケースに収まっています。プラチナモデルは200本限定、ハニーゴールドモデルは100本限定で、A.ランゲ&ゾーネ ブティックでのみ取り扱っています。

自らの価値観を原動力に

ラトラパント・クロノグラフ

A.ランゲ&ゾーネ初の純粋なラトラパント・クロノグラフには、トゥールビヨンや永久カレンダーなどと並んで難易度の高い機構の一つとされている複雑機構が搭載されています。当マニュファクチュールの時計師たちは、1分以内に複数のラップタイムを何回でも計測できるこのモデルを製作することによって、改めて短時間計測分野における専門性の高さを示しました。2時位置にあるボタンを押すと、クロノグラフ秒針とラトラパント秒針が重なったまま同時に動き始めます。そして、ラトラパント秒針を単独で何度でも停止することができ、再びクロノグラフ秒針と同期させることもできるのです。 

意匠を凝らした仕上げ装飾

A.ランゲ&ゾーネのムーブメントのどれもがそうであるように、1815ラトラパントのムーブメントは手作業で組み立てられ、フェルディナント・アドルフ・ランゲの伝統を受け継ぎ、時間を労力をかけて仕上げ装飾を施します。自社製キャリバーL101.2にも、素材の特性を生かした洋銀製の受け部品をはじめ、チラネジテンプ、ビス留め式ゴールドシャトン、ハンドエングレービング入りテンプ受けが取り付けられています。可動部品は周囲を面取りして、上面に線彫り模様を入れます。鋭角な内側の隅の面取り部分の研磨は特に難しく、熟練の職人が手作業で仕上げます。

機能性とエレガンスが両立

格調高いプラチナ製ケースとシルバーカラーのダイヤルが、複雑なキャリバーL101.2の優美さを一層際立たせます。明るいシルバーカラーにくっきりと浮び上がるブルーの針が、優れた視認性を約束します。1815ラトラパントのダイヤルをぐるりと巡るレイルウェイモチーフの分目盛りと特徴的なアラビア数字は、1815ファミリーに共通する伝統的なデザイン要素です。  

キャリバー L101.2

A.ランゲ&ゾーネの最高品質基準に則って仕上げられたムーブメントは、機械式ラトラパント・クロノグラフとしては珍しく、自社工房でこのモデルのためだけに一から開発・製作されました。自社工房でムーブメントを開発することは、A.ランゲ&ゾーネが独自の道を歩むことを可能にする原動力であることを象徴しています。また、この時計の個性的なデザインを可能にする前提でもあります。通常なら3時と9時位置に水平に配置されているスモールセコンドと分積算計ですが、このモデルでは12時と6時の垂直方向に配置されています。

もっと見る

クロノグラフ
クロノグラフ
1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの自社製ムーブメント搭載クロノグラフは、ブランドの人気モデルの一つとして不動の地位を築いています。
ラトラパント機能
ラトラパント機能
2004年にA.ランゲ&ゾーネがダブルスプリットを発表するまで、ラトラパント機能の開発はすでに終了したと、誰もが思っていました。
二度目の正直
二度目の正直
三針時計でも、高級時計でも、A.ランゲ&ゾーネではムーブメントをすべて、二度組方式で組み立てています。
1815 ファミリー

1815 ファミリー

フェルディナント・アドルフ・ランゲの伝統を受け継ぐ

高精度、完成度の高さ、勇気、謙虚さという特性を持つ1815 ファミリーの模範は、ランゲ時計工房の創設者です。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。