現在ご覧のウェブサイトは日本版です。
お住まいの地域に関連する情報にアクセスするには、バージョンをお勧めします:

1815

1815 ファミリー

受け継がれる伝統

1815というネーミングは、A.ランゲ&ゾーネの創業者フェルディナント・アドルフ・ランゲ生誕の年を表しています。F.A.ランゲは1845年、ドレスデン郊外のエルツ山地にある小さな町で時計工房を開業することを決意します。この勇気ある決断が、ドイツの機械式時計産業の成立につながり、また同時に当時貧困に苦しんでいたエルツ山地に活気を取り戻すことになります。やがてF.A.ランゲが製作する懐中時計の評判は世界に広まり、王侯貴族も愛用する時計として知られるようになります。

キャリバー L051.1

1815は、ブルースチールの針やアラビア数字、線路をイメージしたレイルウェイモチーフの分目盛りなど昔年のランゲ製時計を彷彿とさせる要素を取り入れ、ランゲ一族に継承されてきた時計作りの伝統を体現する時計です。ムーブメントにも、素材の特性をそのまま生かした洋銀製の4分の3プレート、ブルースクリュー、ビス留め式ゴールドシャトン、ハンドエングレービング入りテンプ受けを始めとする伝統的な要素を取り入れています。

もっと見る

円熟の技に個性
円熟の技に個性
A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲに遡る4分の3プレートは、A.ランゲ&ゾーネの時計ならではの特徴の一つです。
表面仕上げとエングレービング
表面仕上げとエングレービング
美しいムーブメント装飾はブランドにとって非常に重要な要素であり、部品の大きさ、ケースバックから見えるか見えないかに関係なく、ほぼすべての部品に手作業で装飾が施されます。装飾にはさまざまな技術が使われます。一つひとつの部品に、それぞれ独自の仕上げが施され、全体として調和のとれた外観となります。

お手伝いが必要ですか?

お探しのモデルに関するお問い合わせや、修理のご依頼等、喜んでお手伝いいたします。お問い合わせは、お電話、Eメール、またはブティックにて承ります。

スイス・チューリッヒのA.ランゲ&ゾーネ サロン