1815 アップ/ダウン

1815

"指針式"パワーリザーブ表示

1879年5月18日、帝国特許庁よりA.ランゲ&ゾーネに特許第9349号が交付されました。対象となった技術は「懐中時計のゼンマイが巻き上げられているか、あるいはほどけているか、またはゼンマイが完全にほどけるまで如何程の時間があるかを示す装置」です。こうして正式に認定されたランゲ・パワーリザーブ表示AUF/ABの独自性が、1815アップ/ダウンの名に銘記されています。

キャリバー L051.2

この時計のダイヤルを特徴付けているのは、青焼きした針、アラビア数字およびレイルウェイ風の分目盛りといった伝統の要素です。キャリバーL051.2では、ムーブメント上部に輪列を取り付け、ビス留め式ゴールドシャトンを二つ追加しました。小型化を可能にする設計のおかげで、パワーリザーブ表示用の部品が36個追加され、3日間のパワーリザーブを備えた大型の香箱が搭載されているにもかかわらず、高さはわずか4.6ミリという薄型です。

もっと見る

パワーリザーブ表示
パワーリザーブ表示
AUF/AB(アップ/ダウン)の表示が、時計の巻上げを思い出させてくれます。
円熟の技に個性
円熟の技に個性
A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。
二度目の正直
二度目の正直
三針時計でも、高級時計でも、A.ランゲ&ゾーネではムーブメントをすべて、二度組方式で組み立てています。
1815 ファミリー

1815 ファミリー

フェルディナント・アドルフ・ランゲの伝統を受け継ぐ

高精度、完成度の高さ、勇気、謙虚さという特性を持つ1815 ファミリーの模範は、ランゲ時計工房の創設者です。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。