1815 トゥールビヨン “ハンドヴェルクスクンスト

1815

最高水準の精度を包み込む工芸美

1815トゥールビヨンは、A.ランゲ&ゾーネが初めてトゥールビヨンにストップセコンド機構と秒針位置合わせのためのゼロリセット機構を同時に搭載した時計です。フェルディナント・アドルフ・ランゲ生誕200周年にあたる2015年には、ダイヤルとムーブメントにひときわ華やかな装飾を施し、最高の精度を追求したこのタイムピースを製作数30本限定のハンドヴェルクスクンスト・エディションとして発表しました。

キャリバー L102.1

ダイヤルは、ピンクゴールドにブラックロディウム加工を施し、トランブラージュ彫りで仕上げたものです。トゥールビヨンを支える受けとキャリッジ上部に施したブラックポリッシュは、最も難易度が高く時間のかかる仕上げ技法の一つです。サファイアクリスタルのシースルーバックからキャリバーL102.1を見ると、4分の3プレートが今までとは若干異なることに気がつきます。香箱と輪列の部品に視線が届くように開口部を大きく取りました。また、表面の粒状感を持たせた仕上げが、往年の懐中時計を彷彿とさせます。

トゥールビヨン
トゥールビヨン
トゥールビヨンは、地球の重力が歩度に与える影響を補正し、機械式時計の精度を高める機構であり、高級機械式時計の世界でも最も巧妙かつ魅力的な機構の一つに数えられています。
ゼロリセット機構
ゼロリセット機構
ゼロリセット機構により、リューズを引き出すとテンプが停止し、秒針が瞬時に帰零します。
二度目の正直
二度目の正直
三針時計でも、高級時計でも、A.ランゲ&ゾーネではムーブメントをすべて、二度組方式で組み立てています。
1815 ファミリー

1815 ファミリー

フェルディナント・アドルフ・ランゲの伝統を受け継ぐ

高精度、完成度の高さ、勇気、謙虚さという特性を持つ1815 ファミリーの模範は、ランゲ時計工房の創設者です。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。