ツァイトヴェルク・デシマルストライク・ハニーゴールド

ツァイトヴェルク

数字とチャイムの符号

ツァイトヴェルク・デシマルストライク・ハニーゴールドの画期的なリピーターを作るアイデアの源は、ツァイトヴェルクのデジタル式時刻表示です。針で時刻を表示する時計に搭載されている普通のソヌリは正時と正15分を打ち鳴らしますが、十進式ハンマー打ち機構はデジタル式表示の数字に合わせて打鐘し、正時を低音で、正10分を高音で奏でます。

キャリバー L043.7

ケースの右下に付いているボタンを押すと、2本のハンマーがゴングから離れたところで固定されます。こうして、必要に応じてハンマー打ち機能を停止できます。この100本限定モデルでは、10分ごとに作動するソヌリ機構という技術的なコンセプトが注目を集めますが、それだけでなく、ケースと針に採用した素材も特筆に値するものです。A.ランゲ&ゾーネが特許権および専用使用権を有するハニーゴールドは、極めて高い硬度を特徴とし、2010年以来、当マニュファクチュールの厳選モデルに使用されています。

もっと見る

瞬転数字式表示機構
瞬転数字式表示機構
ツァイトヴェルクは、時刻をデジタル表示する機械式腕時計です。
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機構は、時刻を聞き取れるようにします。ゴングが振動するのに十分なスペースを確保する必要があり、時計の動力源からハンマー打ち機構の作動エネルギーを供給しなければならないため、この機構を搭載するのは時計師たちにとって至難の業です。
十進式ミニッツリピーター
十進式ミニッツリピーター
ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターは、瞬転数字式表示機構の原理を利用して、リピーターをデジタル表示と連動させた時計です。
ツァイトヴェルク ファミリー

ツァイトヴェルク ファミリー

機械式時計の新時代到来

ツァイトヴェルクの開発にあたって、ランゲの設計技師たちはこれまでの常識や先入観をいっさい捨てて、機械式という点以外のあらゆる項目を吟味し直しました。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。