一覧へ戻る

トリプルスプリット

REF. 424.038F

 

製作数100本限定のホワイトゴールドモデル

 

トリプルスプリットの登場で、ラトラパント機能は新たな高みに到達しました。分積算計と時積算計用に1本ずつラトラパント針が追加され、ラップタイムと基準タイムを最長12時間まで計測できるようになりました。これを実現するために製作された自社製ムーブメントは、比肩するものがないほどの複雑さです。

トリプルスプリット正面

天下無双のクロノグラフ

トリプルスプリットでは、分積算計と時積算計にラトラパント針っを1本ずつ追加することにより、中間タイムと基準タイムを最長12時間まで計測できるようになりました。

計測タイムを最長12時間まで積算し比較できる世界初かつ唯一のラトラパント・クロノグラフは、独自のカテゴリーを確立します。トリプルスプリットでは、ラトラパント分針とラトラパント時針が追加されたことにより、可能計測時間は従来のブランド記録であった30分から12時間へと24倍に拡大されました。そのようなクロノグラフの開発と設計は、機械式時計による計時の限界に挑み続けるA.ランゲ&ゾーネの気概が反映されています。

ラトラパント機能の潜在能力を引き出す

トリプルスプリットでは、分積算計と時積算計にラトラパント針っを1本ずつ追加することにより、中間タイムと基準タイムを最長12時間まで計測できるようになりました。

2004年、初めてダブルラトラパント機能を搭載するクロノグラフとしてダブルスプリットが発表されました。これにより、ラップタイム計測の時間枠が60秒から30分へと大幅に拡大されました。トリプルスプリットはそれを大幅に上回るクロノグラフです。1本ずつ別々に停止できる2本の針をもう1組増設したことにより、クロノグラフ・ラトラパント機能の計測時間枠が12時間へと飛躍的に拡大しました。トリプルスプリットは、ラトラパント・クロノグラフの潜在能力を余すところなく引き出すことのできる初めての時計です。

クロノグラフの頂点を極める

トリプルスプリットのキャリバーL132.1と、精巧に仕上げられた歯車、レバー、バネ、クラッチ、裏押さえの緻密に統制された動き

新開発された自社製キャリバーL132.1は部品数567個からなり、機械式時計による計時の限界に挑み続けるA.ランゲ&ゾーネの気概を滲ませます。このトリプルラトラパント機構を完成させるまで、設計技師たちは試行錯誤の連続でした。時計師には、多重軸の製作、特に縦あがきの調整をするにあたり、ことのほか卓越した技術と忍耐力が要求されます。サファイアクリスタルのシースルーバックから見える、見事な仕上げ模様で飾られたクロノグラフムーブメントは、機構が果たす機能の複雑さを如実に物語ります。

「できるわけがない、と思った日もありました。」

A.ランゲ&ゾーネの設計技師の言葉

時間計測の新境地

秒、分および時の計時に対応するラトラパント機構を備えたことにより、クロノグラフの用途が格段に広がります。例えば数時間におよぶタイムと積算タイム、あるいは複数のラップタイムと基準タイム、さらには同時に開始した2件のイベントの経過時間を6分の1秒刻みで計測して比較できます。

トリプルスプリットなら、例えばF1レースや、ツール・ド・フランスの1区間、あるいはマラソンで競い合う2人のタイムを比較できます。さらに、同時に開始するのではない2つのイベント、例えば長距離飛行の往路と復路の所要時間を計って記録できます。あるいは、アイアンマンレースの種目別タイムのような複数の数時間におよぶイベントの計測タイムを積算することも可能です。計測タイムを積算する一方で、何度でもラップタイムを計ることができます。

A.ランゲ&ゾーネの世界