Slider image - 1
Slider image - 2
Slider image - 3

1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ

偉業を語り継いでゆくために

1924年7月29日、ウォルター・ランゲがこの世に生を受けました。ドイツを東西に分断していたベルリンの壁の崩壊を機に、A.ランゲ&ゾーネを再生させた勇敢な人物です。ウォルター・ランゲの完璧を追求する姿勢、工芸技能を高めようという情熱、優れた技術に対する好奇心 ― これらのすべてを1本の時計で表現するために製作されたのが1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ”です。そのRef.番号297とキャリバー番号L1924は、ウォルター・ランゲの誕生日を表します。

ウォルター・ランゲの肖像画。背景はムーブメントとアウトサイズデイト機構 1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ”のキャリバー。キャリバー番号は、ウォルター・ランゲが誕生した1924年からとったもの。
ホワイトゴールド仕様の1815 “ウォルター・ランゲへのオマージュ”は、製作数145本の限定モデルです。

1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ”は、時計として本質的な要素だけに絞り込んだデザインでありながら、ムーブメントには非凡な複雑機構が組み込まれています。ダイヤル上で1秒ごとに歯切れ良く進むスタート・ストップ機能付きセンターセコンドがそれです。この複雑機構の歴史は、ウォルター・ランゲの曾祖父が1867年に発明した技術に遡ります。このモデルの限定数はピンクゴールドモデル90本、イエローゴールドモデル27本、ホワイトゴールドモデル145本で、数字の一つひとつに、マニュファクチュール・ランゲの歴史的な意味が込められています。

ウォルター・ランゲを偲ぶ

キャリバー L1924

Number of movement parts

253

石数

36

Number of screwed gold chatons

3

完全巻上げ時のパワーリザーブ

60 時間

Oscillation system

テンプ振動数:毎時21600回

チラネジテンプで振り角を調整

ムーブメント寸法

直径:31.6 mm、高さ:6.1 mm

キャリバー キャリバー