1815トゥールビヨン

1815

精度の向上

トゥールビヨンは、発明から200年以上を経た今でも、精巧な時計作りの真骨頂と見なされています。ランゲが2008年に発表した特許技術ストップセコンドは、トゥールビヨンの動きを止めて時刻合わせできるようにした画期的な技術です。そして1815 トゥールビヨンで、その技術がさらに進化しました。ゼロリセット機能を搭載したこの時計のリューズを引き出すと、秒針が一気にゼロ位置に戻ります。そのため、時計を秒単位の正確さで再び始動させることができるのです。

キャリバー L102.1

1815トゥールビヨンは、A.ランゲ&ゾーネが初めてトゥールビヨンにストップセコンド機構と秒針位置合わせのためのゼロリセット機構を同時に搭載した時計です。レイルウェイ風の分目盛り、アラビア数字、青焼きした針があしらわれ、センター部分が一段低くなっているダイヤルは、1815ファミリーに共通のデザインです。

もっと見る

ゼロリセット機構
ゼロリセット機構
ゼロリセット機構により、リューズを引き出すとテンプが停止し、秒針が瞬時に帰零します。
トゥールビヨン
トゥールビヨン
トゥールビヨンは、地球の重力が歩度に与える影響を補正し、機械式時計の精度を高める機構であり、高級機械式時計の世界でも最も巧妙かつ魅力的な機構の一つに数えられています。
二度目の正直
二度目の正直
三針時計でも、高級時計でも、A.ランゲ&ゾーネではムーブメントをすべて、二度組方式で組み立てています。
1815 ファミリー

1815 ファミリー

フェルディナント・アドルフ・ランゲの伝統を受け継ぐ

高精度、完成度の高さ、勇気、謙虚さという特性を持つ1815 ファミリーの模範は、ランゲ時計工房の創設者です。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。